【東京五輪】マラソンの伴走車ってどこのメーカーなの?未来の車がカッコいい!

【東京五輪】マラソンの伴走車ってどこのメーカーなの?未来の車がカッコいい! ニュース・話題
引用元:THE ANSER 様
<スポンサーリンク>

東京五輪も今日で終わってしまいますね。

札幌に場所が移り男女の競歩、マラソンが行われるなか、札幌の観光名所を横目に、度々テレビの映像の中に映りだされる選手の伴走車が話題になっているようです。

とても未来感がありカッコいい車ですが、どこのメーカの車なんでしょうか?

そこで今回は、東京五輪マラソンの伴走車はどこのメーカの車なのか調査したので、是非ご覧ください。

東京五輪マラソンの伴走車はどこのメーカー?

【東京五輪】マラソンの伴走車ってどこのメーカーなの?未来の車がカッコいい!

引用元:まとめダネ 様

東京五輪マラソンで近未来の車が、伴走車に使用され話題になっていますが、TOYOTA(トヨタ自動車)の未来型AI自動車 「LQ」という車のようです。

2017年1月の2017International CESに出展した「TOYOTA Concept-愛i」で表現した未来の愛車体験コンセプトを忠実に実現。

「LQ」の開発には、“Learn, Grow, Love”をテーマにしており、アメリカで人工知能や自動運転・ロボティクスなどの研究開発を行なっているToyota Research Instituteと共同開発したAIエージェントや自動運転機能を搭載している正真正銘の近未来型carのようです。

人工知能や自動運転など、人に寄り添う新しいテクノロジーにより「新しい時代の愛車」を具現化したコンセプトカー

引用元:global.toyota

日本が世界に誇る最先端技術が、この東京五輪でお披露目となるのは、私たち日本人にとって、とても誇らしいことだと思います。

 
<スポンサーリンク>

未来型AI自動車 「LQ」の名前の由来は?

未来型AI自動車「LQ」の名前の由来には

「LQ」という車名には、新しい時代の愛車(BeLoved Car)を提案するきっかけ(Q/Cue)になればとの想い
から「LQ」と名付けられたそうです。
開発責任者の井戸 大介さんは『特別な体験をさせてくれるクルマは、かつて「愛車」と呼ばれていた』と言います。
そして『「YUI」によって、1人1人のニーズに合わせた特別な移動体験を提供できれば、新しい時代でもクルマは「愛車」であり続けると考えています』と
語っています。
過去から未来へ「新しい時代でも愛車」と未来型AI自動車「LQ」にはそんな想いが込められているみたいです。

未来型AI自動車 「LQ」のスペック・仕様は?

未来型AI自動車「LQ」のスペック・仕様は次の通りです。

全長/全幅/全高 4,530mm/1,840mm/1,480mm
ホイールベース 2,700mm
乗車定員 4人
パワートレーン EV
車両重量 1,680kg
航続距離 300km程度
【東京五輪】マラソンの伴走車ってどこのメーカーなの?未来の車がカッコいい!

引用元:GQ Japan 様

未来型AI自動車「LQ」は、運転手の表情や動作から運転手の感情や眠気などの状態を推定し、会話を中心としたコミュニケーションに加えて、覚醒・リラックス誘導機能付きシート・音楽・車内イルミネーション・空調・フレグランスなどの各種HMIを使用し運転手に働きかけることで、安全・安心・快適な移動に貢献してくれるそうですが、これには本当驚きですね!

未来型AI自動車 「LQ」への世間の反応

未来型AI自動車 「LQ」のナンバーが!

未来型AI自動車 「LQ」

引用元・まとめハブ 様

未来型AI自動車「LQ」がカッコいいと話題ですが、そうやら車のナンバーにも注目がいってるようです。

なんと 20-20 だとは!

東京五輪でこんな車が走っていたな〜と、何年後かに思い出す時がいつか来るんでしょうね。

まとめ

いかがでしたか。

問題多き東京五輪でしたが、なんとか無事に終了しそうですね。

この五輪開催が、多くの方々の記憶に残る大会であってほしいものです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

関連記事

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました