【誰でも簡単】NFTデジタルアートの作り方!販売方法も詳しく解説

【誰でも簡単】NFTデジタルアートの作り方!販売方法も詳しく解説 NFT

テレビ番組で、子供が描いたNFTデジタルアートが「凄い金額で購入して貰えた」なんて見たけど、一体どうやって作るの?

うちの子もイラストが得意だからやってみたいけど、NFTの知識も販売方法も知らないから詳しく知りたい!

そんな方に、誰でも簡単にできるNFTデジタルアートの作り方や販売方法も詳しく解説します。

✔️ この記事を読むと

☑️  NFTデジタルアートの作り方がわかる
☑️  NFTデジタルアート作成におすすめアプリがわかる
☑️  NFTデジタルアートの販売方法がわかる
誰でも簡単に進めるように、詳しく分かりやすく解説していきますので、是非チャレンジしてみてください。

✔️  まず、NFTを始めるには、Coincheckでの口座開設を先に済ませておきましょう!

なぜならNFTの売買にはイーサリアム(ETH)が必要になります。

Coincheckを利用する場合、取引所に登録・口座開設の申込・審査を含めると口座開設までに数日かかってしまします。

なので、早めにCoincheckに登録しとくとスムーズに取り掛かれます!

業界最大のCoincheckなら、無料で口座開設ができて初心者でも安心ですよ!

⏬ Coincheckで口座開設する手順はこちら
NFTを始めるならコインチェックで口座開設!手順を分かり易く解説!
NFTゲームを楽しんだり自分で描いた絵をNFTで販売したり、あちらこちらでNFTという言葉を耳にします。NFTを始めるには、暗号資産の取引所に口座を開設しなければなりません。この記事では「コインチェック」で口座開設する手順をわかり易く解説します。

\ 豪華キャンペーン実施中 /【誰でも簡単】NFTデジタルアートの作り方!販売方法も詳しく解説

↓無料でカンタンに口座開設ができる ↓

NFTとは?詳しく解説!

【誰でも簡単】NFTデジタルアートの作り方!販売方法も詳しく解説

NFTとは?

「NFT」という言葉を聞いたことはあるけど、詳しくは知らないって方も多いのではないかと思います。

NFTとは(Non-Fungible Token:非代替性トークン)の略称で、ブロックチェーンの技術をもとに、替わりがない事を証明するデジタルデーター管理のことをいいます。
これまでは、デジタルデータは容易にコピーができてしまうことで、「どれが本物か」「所有者が誰か」が不透明で、証明することができませんでした。
しかし、NFTの技術が登場し「どのデジタルデーターが本物か」「所有者は誰である」と証明し管理することができるようになった事で、「個の資産」として取り扱うことが可能になりました。
SAKURA
SAKURA

つまり、アートや音楽などのデジタル作品に「これは本物だ!」と証明を付与することができるようになりました。これらNFTの技術とアートを融合させた作品が、NFTデジタルアートといいます。

なので、NFTには本物を証明するデーターや、どんな取引があったのかブロックチェーンに刻まれるので、世界中のブロックチェーンに参加している人から監視しされ改ざんは困難といえます。

このようにNFTの技術を使うことで、これまでデジタルアートを転売した場合、その本人しか利益を上げることができなかったのが、転売を繰り返してもその都度、作品の制作者にも利益が発生する仕組みになりました。

アート作品の作者にとって画期的なツールになるのは間違いないでしょう。

【誰でも簡単】NFTデジタルアートの作り方

NFTデジタルアートは、誰でも簡単に作ることができます。

詳しく手順を解説していきますので、順番に進めていきましょう。

仮想通貨取引所で口座開設
MetaMaskでウォレットを開設
MetaMaskにイーサリアムを送金
デジタルアートを作成

Step1:仮想通貨取引所で口座開設

冒頭でも説明しましたが、NFTの売買にはイーサリアム(ETH)が必要になります。

なので、まず最初に仮想通貨取引所で口座開設をしましょう。

そこで、仮想通貨取引所の数ある中から、初心者の方に特におすすめなのがCoincheckです。

コインチェックなら

☑️  デザインがシンプルで使いやすい
☑️  仮想通貨の取引手数料が無料
☑️  便利なスマホアプリ
☑️  コインチェックでんき
デザインがとてもシンプルで、初心者の方にも扱いやすいデザインなので、とても使い勝手が良いです。
⏬ CoincheckCoincheckの魅力や口座開設の詳しい手順はこちら
NFTを始めるならコインチェックで口座開設!手順を分かり易く解説!
NFTゲームを楽しんだり自分で描いた絵をNFTで販売したり、あちらこちらでNFTという言葉を耳にします。NFTを始めるには、暗号資産の取引所に口座を開設しなければなりません。この記事では「コインチェック」で口座開設する手順をわかり易く解説します。
SAKURA
SAKURA

口座開設には10日前後かかるので、今すぐはじめたい方は早めに口座開設しておくと良いでしょう!

Coincheckでイーサリアム(ETH)を購入


Coincheckで口座開設ができたらイーサリアム(ETH)を購入します。

なぜなら、NFTを売買するには、基本的にイーサリアム(ETH)を使用するからです。

また、NFTの価格は様々で安価で購入できる作品も多くありますが、送金に一定額の手数料が発生するので、多めの金額を口座に入金しとくと良いでしょう。

Step2:MetaMaskでウォレットを開設

【誰でも簡単】NFTデジタルアートの作り方!販売方法も詳しく解説

次に「MetaMask」でウォレットを開設します。

ウォレットとは、仮想通貨を管理する財布のようなもので「MetaMask」など様々な種類がありますが、ここでは「MetaMask」をインストールすることをおすすめします。

偽のサイトなどでウォレットを作成してしまうと、送金した仮想通貨が知らぬ者に抜き取られてしまう危険性があります。

「MetaMask」は、Google Chromeの拡張機能なので安全に使用することができ、手軽に準備することが可能です。

Step3:MetaMaskにイーサリアムを送金

「MetaMask」でウォレットを開設したら、Coincheckのアプリから購入したイーサリアム(ETH)を「MetaMask」送金します。

☑️ Google Chromeの拡張機能でMetaMaskを開く
☑️  ウォレットアドレスをコピーする
☑️  新規宛先欄にペーストする

宛先と金額を入力し「送金する」をクリックで送金は完了です。

10分ほどで「MetaMask」に反映されるので、焦らず待ちましょう。

Step4:デジタルアートを作成する

NFTとして販売することができるものは全て「デジタルデータ」です。

NFTのマーケットプレイスの「Coincheck NFT」では、画像、音声、動画、3Dモデルが出品可能のようです。

実際に販売されているものをピックアップしてみると

写真・イラスト・動画・映画・音楽・音・土地・ファッション
など、様々なものが販売されています。
自身のオリジナルアートを持っている方は、そのアートをデジタルデータにすることでNFTにすることができます。
また、これからアートを作成する方は、上記のものを参考に画像制作ソフトで作成してください。

NFTデジタルアートの販売方法

デジタルアート作成ができたら、いよいよ次はデジタルアートをNFT化し販売します。

次の手順を参考にして下さい。

☑️  NFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」に登録
☑️  デジタルアートをNFTとして登録
NFTマーケットプレイスで、初めてNFTデジタルアートを出品する方におすすめなのが「Coincheck NFT」です。
「Coincheck」には「Coincheck NFT」というマーケットプレイスがあり、出品や購入時のガス代が無料なので、お得にNFTデジタルアートを出品できます。
また、10種類以上の仮想通貨での決済が可能なので、とても便利に利用できるのがメリットです。
Coincheckのメリット!

・Coincheck NFTというマーケットプレイスがある
・10種類以上の通貨での決済が可能
・出品・購入時のガス代が無料で利用できる

\ 豪華キャンペーン実施中 /【誰でも簡単】NFTデジタルアートの作り方!販売方法も詳しく解説

↓無料でカンタンに口座開設ができる ↓

まとめ

いかがだったでしょうか。

NFTデジタルアートの作り方や販売方法も詳しく紹介してきました。

これまでは、アマチュアのアーティストの作品は、なかなか評価されず表舞台に出てくることが少なかったですが、NFTの登場で誰もが手軽に自分の作品を販売することができるようになりました。

また、画像などの所有者が特定することで、唯一無二を証明できるようになりアート作品の価値そのものを評価できるのも素晴らしい事だと思います。

皆さんも是非、NFTデジタルアートにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

NFTを始めるならコインチェックで口座開設!手順を分かり易く解説!>>>コインチェック公式サイトはこちら<<<

\ 無料でカンタンに口座開設ができる /

NFT
sakuraをフォローする
Sakura Labo

コメント

error: Content is protected !!