『ちむどんどん』黒島結菜のwikiプロフィール!経歴や出身校は?

黒島結菜『ちむどんどん』ヒロインのwikiプロフ!経歴や出身校は? 映画・ドラマ・テレビ
<スポンサーリンク>

NHK連続ドラマ小説『ちむどんどん』のヒロイン黒島結菜さん。

2022年4月11日(月)の放送スタートを前に注目が集まってきているようです。

多くの話題作に出演しており、ご存知の方も少なくないと思いますが、今回は黒島結菜さんのwikiプロフィールと経歴や出身校を紹介していきます。

朝ドラ」を見るなら!《U-NEXTがおすすめ》

U-NEXTはこんなにお得!
黒島結菜『ちむどんどん』ヒロインのwikiプロフ!経歴や出身校は? ・初回無料ポイント(600P)
・31日間無料サービス(いつでも解約OK)
・電子書籍購入時、常に40%ポイント還元。

\31日間無料トライアル/
無料会員登録で600ポイント贈呈

「朝ドラ」を無料で見れる「U-NEXT」
ドラマや映画などの動画コンテンツが盛りたくさん!
31日間無料トライアルで31日間のお試し期間中はドラマや映画が見放題!
期間内いつでも解約できるので超おトク!

<スポンサーリンク>

『ちむどんどん』黒島結菜のwikiプロフィール!

黒島結菜『ちむどんどん』ヒロインのwikiプロフ!経歴や出身校は?

出典:クランクイン

名前:黒島結菜(くろしまゆいな)
生年月日:1997年3月15日
年齢:25歳(2022年3月現在)
出身地:沖縄県糸満市
身長:162センチ
血液型:A型
趣味:写真
特技:バドミントン
所属事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ
沖縄県出身の黒島結菜さんは、同じ沖縄県出身の満島ひかりさんと仲が良いようで、妹のように可愛がってもらっているそうです。
中学・高校では、バドミントン部に所属し毎日バドミントンの練習に明け暮れていました。
そんな結菜さんは当時、バドミントンマガジン500号記念の特別インタビューを受け、バドミントンに対する思いを語っています。
そして、中学3年時にお母さんの薦めで応募したコンテストに出場し「沖縄美少女図鑑賞」を受賞するとモデル活動をはじめ、これがきっかけで現在所属するソニー・ミュージックアーティスツと契約し芸能界入りを果たしました。

『ちむどんどん』黒島結菜の経歴

お母さんの薦めで応募したコンテストで、特別賞を受賞したのがきっかけとなり芸能界入りした黒島結菜さん。

そんな彼女のこれまでの経歴をまとめてみました。

黒島結菜の経歴

【2011年】
・母の薦めで応募したウィルコム沖縄のイメージガールコンテストで特別賞の『沖縄美少女図鑑賞』を受賞しモデルとして同誌に出演。
・その後、ソニー・ミュージックアーティスツから芸能界入り。


【2012年】
・NHK Eテレの教養バラエティー『テストの花道』にマッシュの愛称でレギュラー出演。


【2013年】
・沖縄復帰40周年記念作品『ひまわり〜沖縄は忘れない あの日の空を〜』で映画に初出演。
・同年11月から放送のNTTドコモ「docomo LTE Xi」のCM「想いをつなぐネットワーク」篇に出演。


【2014年】
・クラレ「ミラバケッソ」のCMに出演。
・『アオイホノオ』(テレビ東京)で連続ドラマに初出演。


【2015年】
・NHK連続テレビ小説『マッサン』で朝ドラに初出演。
・カルピス「カルピスウォーター」のCMキャラクターに起用される。
・小関裕太とダブル主演を務めた『あしたになれば。』で映画初主演を果たす。
・NHK大河ドラマ初出演の『花燃ゆ』で時代劇に初挑戦し高杉晋作の妻、雅を演じる。
・スペシャルドラマ『戦後70年 一番電車が走った』(NHK)でテレビドラマ初主演。
・『虹とマーブル』で初舞台に立ちヒロインを演じる。


【2016年】
・『時をかける少女』(日本テレビ)で連続ドラマ初主演。


【2017年】
・『アシガール』(NHK)で主演。


【2019年】
・NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』に出演。
・周防正行監督の5年ぶりの新作映画『カツベン!』で100人以上が参加したオーディションを勝ち抜きヒロインを演じる。
・第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。


【2020年】
・NHK連続テレビ小説『スカーレット』でヒロインの弟子役で出演。


【2021年】
・映画『明け方の若者たち』にヒロインで出演。
・NHK BSプレミアムドラマ『流れ星』に出演。


【2022年】
・沖縄の本土復帰50年記念、NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』にヒロイン 比嘉暢子 役で出演。

⏬ 朝ドラ『ちむどんどん』の相関図はこちらの記事へ

朝ドラ『ちむどんどん』沖縄編の相関図がわかる!出演者を画像付きで紹介
2022年度前期放送の『ちむどんどん』は、沖縄の本土復帰50年を記念に制作されたドラマです。 やんばるを舞台に料理人になる夢を追いかけるヒロイン比嘉暢子(黒島結菜)と、強い絆で結ばれた4兄妹の物語。 今回は、話題の朝ドラ『ちむど...
朝ドラ『ちむどんどん』東京編の相関図まとめ!キャストを画像付きで紹介
2022年度前期放送の『ちむどんどん』が、4月11日(月)より放送スターします。ヒロイン比嘉暢子(黒島結菜)と強い絆で結ばれた4兄妹の物語。今回は、話題の朝ドラ『ちむどんどん』東京編の相関図と出演者を画像付きで紹介していきます。

『ちむどんどん』黒島結菜の出身高校は?

黒島結菜『ちむどんどん』ヒロインのwikiプロフ!経歴や出身校は?

黒島結菜さんは、沖縄県立糸満高校の出身です。

糸満市には糸満高校と沖縄水産高校の2校しかなく、普通科を希望するほとんどの人が糸満高校に進学するそうです。

得意科目は理数科目で、どちらかというと勉強が苦手ではなかったそうです。

また、部活動はバドミントン部に所属し文武両道で高校生活を送っていました。

高校生の時に芸能活動をはじめていた黒島結菜さんは、沖縄の実家に暮らしていましたが、仕事のある時だけ東京の短期賃貸マンションに滞在するなど、学業と仕事を両立していました。

その後、映画やドラマの出演など多忙な生活になり、高校3年生の時に東京の高校に転校し東京での生活がはじまります。

残念ながら東京の高校の情報は見つかりませんでした。

『ちむどんどん』黒島結菜の出身大学は?

黒島結菜『ちむどんどん』ヒロインのwikiプロフ!経歴や出身校は?

高校を卒業後、黒島結菜さんは有名写真家の篠山紀信さんの母校でもある、日本大学芸術学部写真学科に進学しました。

高校時代にカメラに興味を持った黒島結菜さんは、自身の進路について悩んだようですが「取る側の気持ちを理解したい」と思いから写真学科を選んだそうです。

しかし、次第に芸能活動が多忙になってきたことから、学業と仕事の両立は難しくなり2019年に大学を中退しています。

『ちむどんどん』黒島結菜に彼氏はいるのか?

黒島結菜『ちむどんどん』ヒロインのwikiプロフ!経歴や出身校は?

過去に黒島結菜さんは、週刊誌FRIDAY(2020年6月)に俳優の高良健吾さんとの熱愛をスクープされています。

高良健吾さんとは、2015年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」で夫婦役で共演、2019年の映画「カツベン!」でも再共演していました。

黒島結菜さんと高良健吾さんは、お互いの家が近所のようで、頻繁に互いの家に通っているとFRIDAYは報じています。

この報道に高良健吾さんの所属事務所のテンカラットは「プライベートは本人に任せている」とコメントしています。

また、熱愛報道に対し2人の否定コメントはなく、現在も交際が続いているようです。

朝ドラ『ちむどんどん』見逃し動画を全話無料でフル視聴するなら「U-NEXT」

朝ドラ『ちむどんどん』は、NHK+で放送から7日間、見逃し配信を行なっていますが、見逃しが多い場合には全話視聴することはできません。

ですが「U-NEXT」なら、朝ドラをはじめドラマや映画、さらにNHK公式のNHKオンデマンドからも、お得に動画を楽しむことができます♬

黒島結菜『ちむどんどん』ヒロインのwikiプロフ!経歴や出身校は?

NHKオンデマンドは、無料お試し期間がないので初月から月額990円(税込)がかかりますが、U-NEXTなら31日間サービスが無料!

さらに初回登録で600ポイントも貰えるから超おトクなんです。

なのに、お目当ての作品を見て他に見るものがなければ、31日以内であれば無料で解約できるんです。

最新ドラマや映画が最速で配信、そして海外ドラマやアニメ、キッズ作品もズラリと充実のサービスなのに驚きです。

そして、2,189円の有料会員で継続する場合でも、毎月1,200円分のポイントが還元されるので、実質989円で利用可能なんです。

また、Wi-Fiでダウンロードしておくと通信量を気にせず楽しめて、1契約で4つのアカウントを作成できるので、4人家族なら1人250円で楽しめちゃいます。

世界トップクラスのお得なサービスを是非、体感してみてください。

↓無料期間中の解約なら ¥0円↓
黒島結菜『ちむどんどん』ヒロインのwikiプロフ!経歴や出身校は?いつでも好きなだけ見放題!

まとめ

いかがでしたか。

今回は黒島結菜さんのwikiプロフィールと経歴や出身校を紹介してきました。

沖縄の本土復帰50年を記念してのドラマと、若手女優の登竜門でもある朝ドラのヒロインということで、とても注目されています。

沖縄出身の黒島結菜さんのイメージにピッタリとあった役に、期待も大きくなりますね。

4月11日(月)の放送スタートが、今から楽しみです♫

関連記事

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました